アメリカ大陸の歴史!今なお謎のベールに包まれた文明の数々

アメリカ大陸の歴史!今なお謎のベールに包まれた文明の数々

二つの文明圏
メソアメリカ文化圏
アンデス文化圏

大きく分けてこの2つの文明圏に分かれる。

しかし

2つの文明には、建築や宗教などで、大きな共通点がいくつも存在している。

ユーラシア大陸との交流がほとんどなく、アメリカ大陸では独自の文明が発展した。

特徴
・金属工芸や石造技術が発展
・神権政治
・鉄器や車輪が使用されていない
・牛や馬などの大型家畜がいない
:自然や宗教が重視され、戦いの技術や武器は発展しなかった。
:解明されていない不明な部分が多い。


メソアメリカ文明圏
・マヤ文明→前6世紀頃~、ユカタン半島を中心として
ピラミッドの神殿、マヤ文字、太陽暦、数学
:暦が高度に発展している
:一部の人骨に、脳の外科手術をした痕跡が残っている
:今なお謎が多い文明

・アステカ王国→14世紀に成立
メキシコ高原
都→テノチティトラン


アンデス文明圏
・ナスカ文明→前2世紀~後7世紀頃、ペルー南部の海岸地帯
ナスカの地上絵→巨大な地上絵、
:描かれた目的は暦、雨乞いの儀式など諸説あり
:宇宙人が書いた説もあり
:今なお謎多き文明

・インカ帝国→15世紀頃栄える、アンデス
キープ・縄の結び目を使って記録が残された。
マチュ=ピチュ→インカ帝国の遺跡
:標高2400mの地に、神殿、広場、住居、水道が整然と配置されている。
スペインに滅ぼされる





この記事へのコメント