アフリカ!様々な王国や文化

アフリカ!様々な王国や文化

自然と人々
巨大なアフリカ大陸には、様々な自然と多様な文化が存在している。

〇多様な気候
・サバナ気候
・ステップ気候
・砂漠気候
など
:サバナ気候は、熱帯で雨季と乾季が分かれている。
ステップ気候は雨が少なく乾燥し、草原になる。
砂漠気候は一年を通じて雨が少なく、砂漠となっている。

〇民族→1500以上の多様な民族が生活している。
〇言語→1800以上の言語が存在しいる。
〇大河の流域に古代文明が栄える


東部の諸王国
クシュ王国(前920ころ~後350)・ナイル川上流の国
メロエ王国・クシュ王国がメロエに遷都
メロエのピラミッド・(現在の国→スーダン)世界遺産に登録されている

特徴としては、文字やピラミッドなどエジプトの影響を受ける


西部の諸王国
マリ王国(1240~1473)・マンサ=ムーサ王
黄金伝説が残る都市
マンサ=ムーサ王が、メッカに巡礼した時、金を大量に使った為に金相場が下がったとされる。

トンブクトゥ
(現在の国→マリ)交易や文化の中心地、世界遺産
・砂漠の民トゥアレグ族の都市
・マリ王国、ソンガイ王国時代に繁栄
・トンブクトゥ三大モスク
→〇ジンガリベリ・モスク
〇サンコーレ・モスク
〇シディ・ヤハヤ・モスク
・サンコーレ大学(現在モスク)・アフリカ初の大学

ソンガイ王国(1464~1591)・イスラーム国家、交易で栄える。


南部
大ジンバブエ遺跡
・9世紀~15世紀まで栄えた王国の跡、世界遺産
・ショナ族が築いた。
〇特徴
小高い丘にあるアクロポリス
楕円形の石壁に囲まれた神殿
石の住居

海港都市
金、奴隷、象牙などインド洋交易で栄える。





この記事へのコメント