14~15世紀の東アジア・明を中心とした冊封体制!東アジアの秩序とは

14~15世紀の東アジア・明を中心とした冊封体制!東アジアの秩序とは

明の成立

元の衰退:フビライの死後、帝位をめぐる争いや各ハン国の抗争など

そんな混乱の中、乱が勃発

紅巾の乱・・・この欄をきっかけにモンゴルが北に退く
・紅巾の乱で功績があった人物が朱元璋

1368年、朱元璋(洪武帝)が明を建国
首都・・・南京

倭寇・東アジアで活動した海賊や密商人
:最初は日本人の倭寇が多かったが、その後、朝鮮や中国倭寇が増える。
⇔海禁・民間商人の海上交易を禁止する。
:貿易を禁止すると密貿易が増える。

東アジア海域の動き
永楽帝・北京に遷都、大規模な対外遠征
:北方の防備にあたっていたが、その後、帝位を奪った。
一説には、国民の不満や関心を外に向けさせるために、対外遠征を行ったとされる。


鄭和・大艦隊を率いて南海遠征を行う。
:宦官でもある鄭和
南海遠征の範囲は諸説あり。

朝鮮
李成桂が1392年朝鮮を建国
明に朝貢する
ハングルが誕生

日本
足利義満・明と勘合貿易をはじめる。
:足利義満は、明の冊封体制に入る事によって、国家のプライドよりも貿易での利益を取った。

周辺諸国と朝貢、冊封体制を築き、明を中心にした東アジアの秩序ができる。





この記事へのコメント