清と東アジア!おどろくべき方法で中国を支配

清と東アジア!おどろくべき方法で中国を支配

清の中国征服

・・・1616年建国
:初代はヌルハチ

民族は

女真人(満州人)・・・中国東北地方の民族、人参やテンの毛皮貿易で成長

都・・・北京

最盛期・・・康熙帝、雍正帝、乾隆帝

日本との貿易で巨利を得た鄭氏が清に抵抗
その中で有名な人

鄭成功・・・台湾に拠点を移して清に抵抗


清の中国支配
数では圧倒される漢民族を支配する知恵

アメとムチ
威圧と懐柔
・2つの立場を使い分けて統治

威圧
辮髪・・・満州人の独特な髪型
言論や思想の統制

懐柔
政府高官には、満州人、漢人を同数任命した。
中国の伝統や文化を尊重


中国社会の成熟
清の時代中国社会が成熟する

綿花、茶、桑、生糸、陶磁器などが重要な輸出品

日本やアメリカ大陸から銀が流入

18世紀には人口が爆発的に増加

・アメリカ大陸からはトウモロコシやサツマイモが伝来

鎖国下の日本と清
鎖国と言っても、外国との繋がりはある。
特産品が4つのルートから日本に入って来る

四つの口
・松前口・・・テンの毛皮 :テン・・・イタチ科
・対馬口・・・人参
・長崎口・・・中国やオランダと直接貿易
・琉球口・・・琉球を介して貿易





この記事へのコメント