オスマン帝国とサファヴィー朝!イスラ国家の数々

オスマン帝国とサファヴィー朝!イスラ国家の数々

オスマン帝国とヨーロッパ

オスマン帝国・・・トルコ人が建国した巨大な帝国
キリスト教勢力との戦い

難攻不落のコンスタンティノープルを1453年に占領
これにより、千年以上続いた伝統ある東ローマ帝国(ビザンツ帝国)が滅びた。
コンスタンティノープルは、以後イスタンブールと呼ばれる。

マムルーク朝を征服してエジプト、シリアを併合
これにより
地中海世界とインド洋を結ぶ交易と富を独占

・帝国の最盛期・・・スレイマン1世
ハンガリーや北アフリカを征服して最盛期をつくった。

レパントの海戦・・・1571年、オスマン帝国VSスペイン
→スペインに敗れる
スペインと世界の覇権をめぐり、しのぎを削る。
戦いには敗れたが、ヨーロッパ諸国にとって脅威であることに変わりはなかった。


オスマン帝国の社会
・言語や宗教の異なる諸民族

諸民族に対して、ゆるやかな統治を行う。
(例)キリスト教徒やユダヤ教徒に自治を認める

・イスラム社会では、建築、天文学、数学が発展

イェニチェリ・・・キリスト教徒をイスラム教に改宗させた常備軍
          当時最強の部隊であった
17世紀末以降
ロシアやオーストリアなどのヨーロッパ諸国の侵攻で陰りが見え始める。
オスマン帝国は第一次世界大戦の敗北で滅亡する。

サファヴィー朝
シーア派を国教とするイラン人の国
アッバース1世・・・最盛期を現出、衰退しつつあったサファヴィー朝を立て直す。
首都・・・イスファハーン
東西貿易の要所としてイスファハーンは

「世界の半分」と呼ばれるほど繁栄





この記事へのコメント

  • 大町阿礼

    日本史も参考になさって下さい。

    スマホで無料で読めるWEB小説のご紹介です。短編なので小一時間で読破出来ます。挑戦してみては如何ですか。世界は広いと感じる筈です。時間軸においてですが。
    WEB小説「北円堂の秘密」が今夏の隠れたベストセラーと知ってますか。
    グーグルで「北円堂の秘密」と検索するとヒットするので無料で読めます。
    世界遺産・古都奈良の興福寺・北円堂を知らずして日本の歴史は語れないと云われています。
    日本文化発祥地の鍵を握る小説なのでご一読をお薦めします。
    少し日本史レベルが高いので難しいでしょうが歴史好きの方に尋ねるなどすれば理解が進むでしょう。
    今秋、東博では「運慶展」が開催されるが、出陳品の無著・世親像を収蔵するのが興福寺・北円堂である。
    貴職におかれてもホットな話題を知っておくことは仕事に少なからず役立つでしょう。
    先ずはブログ主様ご本人からベストセラー小説「北円堂の秘密」の読破をされては如何だろうか。
    読めば日本史のミラクルワールド全開です。お友達に教える時はネタバレ無しで口コミして下されば幸いです。
    2017年09月02日 07:55